ブランドガイド

エルメスのバーキンとケリーの違いは?

バーキン

HERMES(エルメス)のBIRKIN(バーキン)といえば女性なら一度は憧れるエルメス定番バッグです。
素材や大きさが豊富なのも特徴です。
値段の幅も大きく、クロコなどの高級素材にいたっては数百万円~数千万するものも!
エルメス直営店で購入する場合、予約やお取り置きはないためお店に通い詰める人も。
バーキンはエルメス直営店他、エルメス専門店質屋でも購入することができます。
名前の由来 ジェーン・バーキンにちなんでつけられた
ハンドル 2つ
デザイン ふたを内側に入れればオープントートとして使用することも可能。
ケリーと違いショルダーストラップは無い。
使用シーン カジュアル
サイズ展開 25(セカンドバッグやポーチ感覚で)
30(日本人一番人気サイズ!)
35(大きいので沢山荷物が入ります)
40(大きいので男性も◎)
45(現在製造中止)
ショルダーバーキン
制作工程 パリにあるエルメスのアトリエで週に5つのバーキンが作られている
 特徴 定番カラーブラックをはじめ様々なカラー展開があります。
年代により新色が発売されるため、その販売期間が終わると限定色となります。
そのため過去の限定色のバーキンはエルメス直営店に行ってもありません。
エルメス専門店質屋から探すと良いでしょう。
ケリー

女性らしい可憐なフォルムのケリー。
バーキンと並びエルメス人気のバッグです。
近年は品薄状態が続き手に入れるのが困難になっています。
名前の由来 モナコ王妃グレース・ケリーにちなんでつけられた。
ハンドル 1つ
デザイン 台形型のフォルムにかぶせフタがあり、蓋にはカギがある特徴的なスタイル。
ショルダーストラップ付で肩掛けもできます。
使用シーン フォーマル
サイズ展開 25
28
32(一番人気のサイズ)
35
制作工程 熟練職人による手縫いで18時間かけて制作されている。
 特徴 『ケリー』は縫製の違いにより2つのタイプがあります。
内縫い
生地を中に織り込んで縫製部分を隠した作り。
女性らしいふんわりした雰囲気が特徴。
外縫い
外側に縫い目を見せる縫製。
フォーマルや仕事に◎。
エルメスと同じタンナーの革を使用したバッグや財布




エルメスと同じタンナー(革のなめし会社)から仕入れた革で作られたバッグや財布をご紹介します。
エルメスと同じ品質なのに、お値段は10分の1以下とお買い得なものばかりです。

詳しくはこちら