ブランドガイド

エルメス素材一覧

革製品の最高峰ブランドエルメス。
『革』と一言で言っても、その質感、発色、重さまで実に様々なものがあります。
バーキン、ケリーなどのバッグのデザインは商品発売当初から変わっていませんが、様々な素材で発売されています。

こちらのサイトにも写真付きの詳しい説明が記載されています
西麻布レクラン エルメス素材バリエーション一覧

牛革

エルメスの革製品で最も主流の素材です。

トゴ

 

正式名称はヴォー・クリスペ・トゴ。
程よい柔らかさと程よい目の大きさが特徴の雄仔牛革。
1997年に登場して以来、扱いやすさからエルメス定番素材となりました。
バッグから小物まで幅広いアイテムで展開されています。

トゴ使用のエルメス製品一覧

ヴォーグレネクシュベル

様々なバッグや小物に使用されている通称VGC。
ガラス加工により傷がつきにくいのが特徴です。
ヴォーグレネクシュベル使用のバッグはこちら

エバーカーフ

きめ細かい光沢があり、手触りが柔らかい仔牛の革。
レザーのフールトゥなどに使用されています。

エバーカーフ使用のバッグはこちら

ボックスネパール

ガラス加工のされていないマットな質感が特徴。
仔牛革で型押し施されていません。優しい発色が魅力です。

ボックスネパール使用のバッグはこちら

ボックスカーフ

雄仔牛の革。
表面にはガラス加工がほどこされ、矢和田孔光沢があります。フォーマルなバッグにぴったりの素材です。ケリーやエブリンなどに使用されています。

ボックスカーフ使用のバッグはこちら

ヴォーエプソン

クシュベルと似ているが色トーンを押さえた加工で、長年使用しても色あせを感じさせません。
バーキン、ケリー、エブリン、サイフなどに使用されています。

ヴォーエプソン使用のバッグはこちら

ヴォーシャモニー

しっとりとした雄仔牛革。かっしりしたバッグに多く使用されています。お色はナチュラルのみ。
ケリー、バーキン、エブリン、ベルトなどに使用されています。

ヴォーシャモニー使用のバッグはこちら

ヴォーガリバー

雄仔牛の型押し。
折りたためるバッグケリー・ムーにも使用されている柔らかい素材。
ケリーやボリードなどに使用されています。

ヴォーガリバー使用のバッグはこちら

ヴォーバレニア

雄仔牛革。防水性に富み弾力があるのが特徴ですマットでさらした質感が特徴。
ショルダーバッグやボリードなどに使用されています。
ボリードやハンドバッグなどに使用されています。

ヴォーバレニア使用のバッグはこちら

ヴォーグレネ

細かく型押しされた雄仔牛牛革。
手触りはやや硬く、光沢ありません。くすんだホワイトが主流です。
バーキン、ケリー、ボリードなどに使用されています。

ヴォーグレネ使用のバッグはこちら

ヴォーグレネリセ

クシュベルよりもさらにつややかな光沢が美しい革。
ガラス加工が施され、白ステッチが映えます。

トリヨクレマス

柔軟性に富み手触りが良い粗目の型押しが特徴。
ケリー・ムーにも使用されています。

ヴァシェットクリスペフィヨルド

防水性に手触りも柔らかな雌仔牛の型押し。
発色の美しさに定評があります。

ヴァシェットグレネアルデンヌ

斑の粗い雌仔革。
型押しがフィヨルドよりも斑が大き目で傷が目立ちにくく、しかも軽いのが特徴。

ボークリスベトゴ

1977年に発表された細かい型押しの雄仔牛革。
深めの型押しで斑がはっきりしているのが特徴。

ヴァッシュ

色はナチュラルのみの雄仔牛革。
使い込むことで程よい味のある色合いになります。

ブッフルスキッパー

防水性に優れた水牛革の型押し。
適度な光沢があります。斑模様のダルメシアン柄などで使用されています。

ヴォーロデオ

雄仔牛牛革。
質感はエブソンとエバーグレイの中間です。
表面はつるっと仕上がっており味がある素材です。

ヴォーデルマ

雄仔牛牛革。2005年からの新素材で柔軟性に優れており、とても丈夫です。
いつまでも触っていたくなる柔らかさが特徴です。

ヴォーベロアドブリス

ヴォーベロア牛革に起毛加工を施した、いわゆるスエード素材。冬にぴったりな温かみが魅力です。

ヴァッシュリエージュ

雌仔牛革。牛革をなめした状態で加工するので革本来の質感を楽しめます。

ワニ革(クロコダイル・アリゲーター)

クロコポロサッスセミマット

ポロサスと同じワニ革ですが光沢はありません。
艶の度合いはポロサスと二ロティカスの中間位です

クロコニロティカス

ポロサスよりも光沢は無く、マットな質感。
少し大きめの斑が特徴のワニ革です。

クロコポロサス

最高級のわに革。周りを写し込むほどの見事な光沢が特徴です。斑はアリゲーターよりも細かいです。

クロコニロティカスシャイニー

クロコポロサスとは違う生息地のワニ革に光沢感を出しゴージャスな印象に仕上げられた革。

アリゲーター

ミシシッピ産のアリゲーター革。
ポロサスよりも斑が大きくワイルドな印象の素材。

アリゲーターマット

アメリカミシシッピ革を原地のワニ革。
こちらもクロコ素材やオーストリッチ素材同様にマット加工を施したもの。

アリゲーターシャイニー

ワニ革。光沢があり、さらに高級感を増した仕上がりになっています。

 

ダチョウの革

オーストリッチ

主に南アフリカやオーストラリアを原産地とするダチョウの革。
水玉模様のような羽毛を抜いた跡のクイルマークが特徴です。
光沢はありませんが高級感が漂う素材で豊富なカラー展開も魅力です。

オーストリッチマット

ダチョウの革のオーストリッチ素材にマット加工を施したもの。
オーストリッチ寄りの光沢がない分上品な仕上がりになっています。

トカゲ革

リザード

艶やかな光沢のジャワ産のトカゲ革。
並んだ斑が美しいです。
主に財布やキーケース、バーキン25に使用されています。

 

リザードマット

トカゲ革。リザード素材にマット加工を施した素材。上品な素材感を堪能できます。

 

ヤギ革

シェーブル

柔らかなヤギ革。軽量でマコンデル寄りの斑が細かいのが特徴。あ

コロマンデル

艶のある粗目のヤギ革。とても軽いのでバッグの素材として多く使用されています。

豚革

ポーク

豚の革の型押し。
表面に光沢は無くザラついています。カジュアルな印象の革です。

 

ヴォースイフト

表面に凹凸のないマットで柔らかな質感が特徴です。

 

 

エルメスと同じタンナーの革を使用したバッグや財布




エルメスと同じタンナー(革のなめし会社)から仕入れた革で作られたバッグや財布をご紹介します。
エルメスと同じ品質なのに、お値段は10分の1以下とお買い得なものばかりです。

詳しくはこちら